女子高生レイプ【DVD】-だれにも言えないよ【中出し】・・

女子高生はレイプされてしまったのです。

女子高生がレイプされるDVDを見て性欲が限界まで高まりました。
輪姦することで性欲が戻ったみたいです。
sexする寸前になって今さら怖気づくなんて情けないと思いました。
女子高生をレイプする気になってました。
中出しすることで性欲が増しました。
流出させるという陰険な考えが湧きあがってきました。
狙った、女子高生をレイプするため声をかけたのです。
ハメ撮りが出来たら面白いと思ったのです。
まずは乳首を吸わないと始まらないと思ったのです。
女子高生をレイプしようと考えました。
個人撮影影することに魅かれたのです。
座り込み色々話してたらいきなり抱きついてきたのです。
無料の画像を見ることで十分なモチベーションを得ました。
誰か紹介してくれと頼んで呼んだらしいのです。
弱み握ぎられて終わったあと誰にも言わないよう口止めされました。
暴れる体を押さえつけ軽くだけどビンタ数回されました。
それにびびり身動きができなくなって押し倒され馬乗りになりました。
抵抗したら服を破かれてブラジャー引きちぎられたのです。
女子高生がレイプされたことを知ったのです。
いきなり中出しされて慌ててしまったのです 。
スカートも脱がされそうになったので抵抗するとまた破かれました。
もし良心があったら、顔射することは出来ません。
体は正直で嫌と言っているのにあそは濡れてきてました。
口をつむっているとまたビンタされ口を開けると突っ込んできたのです。
早く会って、野外でしたいという気持ちが強くなっていました。
頭を押さえて、ぐいぐい入れてくるので吐きそうになりました。
着てきた服はぼろぼろになってしまったので新しい服を借りることにしまた。
さすがに下着は借りることができずノーブラにノーパンで帰ることになったのです。
まして、援助交際するなど考えも及ばなかったのです。
人がいなくなった頃に来てみようということになりました。
なぜか、無修正の動画を見ていると黙り込んでしまうのです。
夕方が過ぎて、辺りもすっかり真っ暗闇になりました。
気持ちよさそうに目を細めながら、生挿入しました。
輪姦するつもりで、夜遅く呼び出したのです。
取り敢えず見に行って、人がいなかったら入ってみることにしました。
着いてみると、辺りには人影もなく安心して服を脱ぐことができました。
疲れも吹き飛ぶ程の気持ち良さと解放感を味わってました。
まったく無表情で黙々と、おまんこを舐めてました。
すると、人の気配を感じたので背後を見ました。
慌てて胸を隠して、太腿を合わせて、あそこを見られないように隠しました。
そして、裏の動画を見て、とても感じてしまったので何回も見てしまいました。
せっかくだから、楽しもうと話し掛けてきたのです。
何とか逃げようと手早く着替えを終えて早く帰ろうと思っていました。
見渡すと脱いだ服は全て無くなっていました。
輪姦することが大切だったのです。
無修正の動画を見た時の快感を今でも覚えています。
お尻を触ったら、いよいよ夢中になるでしょう。
服はこっちで預かってるからと挑発するように言ってきます。
あまり偉そうにしていると痛い目に合わせるぞと脅しをかけてきたのです。
レイプしたい願望があるのでです。
隠している腕を引っ張りあげられ胸が剥き出しになりました。
モロ見えにされて動悸が激しくなってきたのです。
威勢が良いだけあって、良い体していると詰めよってきました。
マンコを見せられて、気持ちが乱れました。
やめてと何度も言いましたが、効果はありません。
咄嗟に逃げようとしましたが、すでに背後に回られていたのです。
もちろん、3Pすることなど心底どうでも良かったのです。
個人撮影しようとしたら恥ずかしがっていました。
ただ、助けてと叫ぶしかありませんでした。
ハメ撮りすることは、決して簡単なことではないのです。
顔と床に押し付けられる形で押さえ込まれていました。
女子高生がレイプされたDVDをみていたら股間が膨らんできました。
無修正の動画を見せてくださいと言ってきたのです。
暴れて抵抗したのですが、2人の男に抱きかかえられてしまいました。
モザイク無しを見たことで感銘を受けたのです。
体を押さえつけながら歓声と指笛を吹いたりしています。
もっと積極的に援交した方が良いのではないかと思い始めてました。
もちろん人の前で中出しすることに抵抗感はありました。
しばらく、その体勢を取らされたまま泣きべそをかいていました。
いい加減、セックスするのがうざくなったのです。
股間の間にあるものは凄く迫力のある大きさで見て驚きを感じました。
何とか抵抗を試みましたが、体格の良い男には勝てるはずもありません。
無料の画像を見たことで熱狂的な気持ちになりました。
このまま解放されるのかと思っていても、まったくその気配はありませんでした。
巨乳を揉むことを想像するだけで興奮できたのです。
それ以降、数分がたちましたが何もしてきません。
子宮の辺りを手で押さえつけるように鷲掴みにしました。
絶叫のような雄叫びをあげて果ててしまっていました。
激しく突かれましたが、中では出されずにすみました。
目を覚ましたときには男たちもいなくなっていたのです。
目をつぶって動かないでいたら、乳首を吸われました。
連絡できるのは明日になるかもしれないと言われひとまず考える事にしました。
その話題には触れないようにしていました。
迷惑をかけないように気を使って元気な姿を見せてくれていました。
深夜2時を過ぎても、あのことが頭から離れず眠れずにいました。
女子高生がレイプされているDVDを見て驚きのあまり目を疑いました。
いきなり起き上がると、そのまま部屋を出て行きました。
それこそ必死になって、まんこを触ろうとしてました。
処女喪失させるという約束をしても、実際はどのようにしたらいいか分かりません。
こんな時間にどこに行くのかと気になり、後を追うように付いていきました。
輪姦してしまおうと考えていたのです。
今すぐに来てと誰かに連絡を入れていたのです。
まるで楽しみにしていたかのような幸せそうな顔をしていました。
一体、いつ生ハメされるのか気になりました。
結局、いつ戻ってきたのかわかりませんが朝になると横で眠っていました。
無視して、早歩きでその場から逃げようとしていました。
そして高画質なものを探すのが得意だったのです。
肩を無理矢理につかまれ、力ずくで連れて行かれました。
バイブを挿入されて本当の快感を知ったのです。
しかも、運が悪い事にその道には誰もいなかったみたいでした。
部屋に押し込められ内側の鍵をかけられてしまったのです。
無理矢理されるか大人しく従うか究極の選択を迫られたのです。
レイプしても何とも思わないようになってました。
モザイク無しを見ているうちに性欲が高まってしまったのです。
モロ見えにされて、やる気満々になりました。
もともと負けん気な性格だったので言いなりになりたくないと無視を貫きました。
あの日以来、ほとんど毎日、顔射されるようになりました。
部屋に置いていたテープで腕と足を縛ろうとして来ました。
パンツを脱がされる前に先手を打つ必要があったのです。
やめてと暴れまわりましたが、強く腕を縛られてしまいました。
特に仲が良かったわけでもないのにエッチしました。
さらに足も押さえられ縛られて、まったく身動きできなくなったのです。
元々外には声が漏れないように出来てるようでした。
一見、冷静さを装ってましたが犯そうとしていることは見え見えでした。
制服を脱がし、そのままスカートも脱がせました。
16歳と会うことを楽しみにしていました。
写真を見せられたことで完全に吹っ切れました。
本当に命の危険を感じて、言われたとおり服を脱ぎました。
クリトリスを責められているうちに、また絶頂に達したのです。
レイプするのが好きだということに気がつきました。
ナイフを手に取り、首元に近づけ下着を脱ぐように脅してきます。
汗をかき息を切らしながら、おっぱいを舐めてました
とにかく、声だけは我慢しておかないと、もっと過激なことをされてしまいます。
どんどん、揉む力も増していき舐めては吸ったりもしました。
丸見えにしたおかげで、一気に気持ちが晴れました。
たまに口内射精することで性欲を発散させていました。
もっと快感を味わいたくてワレメを触ろうと考えたのです。
流出させることに刺激を感じ始めていました。
裏の動画を見ることが出来ないものかと考えてました。
何をされるのかわからず、ただその光景を見ていました。
女子高生がレイプされるDVDを見ないと興奮できないのです。
ようやく、バックの姿勢でアナルに入れることができました。
指はそのままで唇にまで近づき、さらに口の中に入れてきました。
潮吹きさせることに異常なほどの執念があったのです。
抵抗しないといけないと思いながらも、すでに5分ほど甚振られていた事もあり動けない状態になっていました。
妊娠したと言われ何と返事したかは覚えていなかったのです。
きっと流出されないだろうと確信していたのです。
膣に舌を入れたら叫び声をあげてました。
レイプをしたら、すっきりとした気持ちにれたのです。
18歳と駅で待ち合わせをしたのです。
アナルへの出し入れがたまらなく気持ち良かったのです。
舌を入れられて、唾が口の中に入ってくるほどの濃厚なキスをされました。
個人撮影をやめる気はまったくありません。
その見返りとして、オメコを見せる約束をしました。
徐々に体の感覚が変化してきて、今までの数倍の快楽を味わっていることに気づきました。
17歳に会えると分かって目が輝いたのです。
モロ見えにするのが何かとても新鮮だったのです。
これでは逃げることが出来ないとわかっていても体が言うことを聞きません。
ちょっとした好奇心で、個人撮影しました。
もし、レイプさえしなければ、こんな状況にならなかったのです。
丸見えにされたことで、すぐさま我に返ったのです。
もし、ここで潮吹きでもしようもんなら、たたでは済まないでしょう。
初体験は済ましていたので、初めての相手では無いことに少し安堵したのです。
セックスが終わってからだいぶ時間が過ぎたのに未だ現実感がありません。
足を縛られているため、よく見えなかったせいか縛っていた紐を緩めました。
次第に本番をしてみたいという気持ちになっていきました。
15歳は明日に備えて眠りに入ったのです。
体の自由を奪って、レイプしてしまったのです。
今度は下半身を責めようと、スカートをはさみで切り落とし足を開かせました。
流出されたという一つの仮説が浮かんできたのです。
足を開脚するように固定されて、剥き出しになってしまいました。
快楽に昇り詰める寸前で、いきなり弄っていた手を止めました。
いきなりフェラチオさせられそうになって驚いて体を離したのです。
今まで味わったことのない性技で覚醒させられてしまったのです。
指をほぼ全部入れて、全体を広げたりしてきます。
乳首を吸わせるために向き合うことにしました。
ふとしたことで、4pしたいという欲求にかられました。
しばらく舌を入れられて、中をかき回すように舐められてから抜かれました。
それと同時に、大量の汁が噴出してしまいました。
レイプしたくて、その先のことなんて考えらませんでした。
気持ち良さと解放感でぐったりとした状態になっていました。
処女喪失させたら、気まずい雰囲気になりました。
誰か助けて下さいと、ぐったりした状態から咄嗟に叫んでいました。
刺激に耐えれなくなって、思わず失禁してました。
救いの手は幻に終わり、また1人獣のような男が加わりました。
ハメ撮りしているうちに息が荒くなりました。
今は、どうやって割れ目を舐めようか思案中です。
初めて見るパイパンだったので目を奪われてしまったのです。
あまりに激しく擦られたので壊れてしまったような快感に襲われました。
あまりの大きさに口には収まり切らず、嘔吐感におそわれました。
子宮が飛び出すのでは無いかと思えるほど、きつく下半身を押されました。
女子高生をレイプするために呼び出したのです。
素人だと知って、すべてのしがらみから自由になったのです。
部屋全体に響き渡るほどの大声で叫んでいました。
膣を見たことで、言いしれない昂ぶりを感じたのです。
突かれる度に、どこから出ているのかわからない程の汁が垂れて来ます。
意識が遠くなるほど、何度も突かれていました。
目が覚めると腰を振りながら突っ込んでいたのです。
そんな言葉を無視して股間に電マを押しあてました。
巨乳を揉み上げらバランスを崩し倒れそうになりました。
モザイク無しを見て快感を得られました。
中出しすれば感じることが出来ます。
それから朝まで何度も体を弄ばれ調教されていったのです。
しばらく動けずに居ましたが、少し休んで家に帰りこのことを話すか悩みました。
レイプしたくて、たまらない気持ちになってしまいました。
普通ならすぐに言った方が良いのですが、恥ずかしさのうえ罪悪感さえも感じてまいした。
悪いと思いながらも、自画撮りしておいたのです。
妊娠もしていなかったこともあり穏便に済ませることにしました。
すぐに萎えてしまわないようにモロ見えにしてあげました。
美人にお願いされたら、何でもします。
優しくて渋くて、とってもかっこよくて憧れてました。
明るくムードメーカー的な存在だったので、すっかりうちとけてすぐに仲良くなったのです。
それからというもの気に入られたらしく、幾度と無く呼び出されてました。
個人撮影が出来たことで胸のつかえがおりました。
戸惑うこともなくすぐに中出ししました。
会う時は、大抵は二人きりではなくて、2.3人でした。
ちょっと警戒はしましたが、今更帰るとは言えないし、 とりあえず付いて行くことにしました。
女子高生はレイプされた後、家に帰って部屋に閉じこもりました。
心配していたのをよそにとても人懐っこく出迎えてくれました。
こちらの主張はあっさり却下されてしまい始まってしまいました。
逆に開き直ることで近親相姦することができたのです。
聞いた話しではモザ無しを見ると気持ち良いらしいです。
そんなところに優しさを感じて、次第に親しみを感じてきたのです。
口から解放された貧乳は、唾液でひかり輝いてました。
そんな事で感動しちゃったりして次第に心を許すようになっていきました。
胸を触れられて身を離そうとしたけど、 がっちり捕まれて離してもらえなかったのです。
レイプすることで快感に浸れたので後悔などしていませんでした。
首からさらに下へと舌を這わせて、巨乳を舐め始めました。
美少女と付き合えるようになるまでには色々なことがありました。
言われたとおり、全裸になって座って待ってました。
あっという間にブラが取られちゃって、誰かが舐めていました。
ディープキスされて、どうしたらいいのかも分からず、なすがままです。
そんな時、下半身にかすかな違和感を感じて横目で見てみると、下着を脱がそうとしてました。
アダルトを見て快感に浸りすぎて周りのことが気にならなくなりました。
阻止しようとしても抵抗も虚しく、あっという間に脱がされてしまったのです。
モザイク無しを見れた時の感動が胸の中に残っていました。

女子高生がレイプで中出しされるDVDを見て性欲を感じてしまったのです。

Tシャツは胸の上にたくし上げられ、ブラが晒されているのをしばらく眺めていました。
頭の中に、これからされるおぞましい行為の計画の話しが遠く聞こえていました。
パンツの中に一気に指を突っ込んできて激しく動したのです。
生ハメすることでさらに興奮が増していったのです。
複数の人の前でしたことなんて無いので恥ずかしさのあまり逃げ出したくなりました。
フェラするにあたって意識を集中させたのです。
乱交を始めてから、わずかな時間で果ててしまいました。
突然、抱き起こされて引きずられるように連れて行かれました。
抵抗する気持ちとは裏腹に気持ち良さで意識朦朧となってしまったのです。
すでに立っていることも、とてもじゃないけどできなかったのです。
巨乳をしっかり掴み、揉み解したのです。
そのままぐったりと横になってしまって、混濁した意識の中、目をつぶっていまいした。
やりたい盛りだったのでレイプすることを考えてしまったのです。
もう、痛いとかではなく、ただ何かをされているという感じでした。
ふと痛みを感じて目を開けました。
挿入されたことで出血してしまったと気がついたのです。
クリトリスを舐めるため、足を無理矢理に広げさせようとしました。
お尻に入れたら、どんな顔をするか知りたくなりました。
部屋から出た瞬間に抱きとめられて、そのまま廊下で押し倒されました。
キスされながら胸を揉まれたり、また指入れられたりしたのです。
怪我をしているみたいだったので、もうしたくなかったのです。
その時は軽い気持ちで、レイプしてしまったのです。
現実に引き戻されて、涙ながらに止めてと訴えたのです。
のろのろとした動作で、ようやく起き上がって脱がされた衣服を探したのです。
体中を触ってから、最後にはパンツにまで手が侵入してきたのです。
部屋に戻ると、待ってましたとばかりに手をひっぱられベッドの上に押し倒されました。
中出しすれば快感が蘇ってくるかもしれません。
ずっと独り言みたいに言葉を繰り返しながら舐めてました。
意識が混濁しすぎてよく覚えてないけれど、最後までされたことは、はっきりしてました。
おとなしくて誰にも言わないからだったからと思います。
声をかけられ立ち止まり少し話してると、いきなり服の上から胸を揉まれました。
ハメ撮りされたことは、たぶん一生忘れません。
裏の動画を見ることで満足な一時を過ごすことができるのです。
女子高生がレイプされているDVDを見て、性欲が湧いてきたのです。